単身赴任の暮らし

単身赴任歴25年一人暮らしを豊かにしようと日々挑戦中


スポンサーサイト

セブンイレブン 「ぽん酢で食べる豚もやし」リニューアルしてさらに美味しさUP

コンビニで食べる惣菜で味の想像がつくものとちょっと食べてみなければわからないものがあると思います。そんな惣菜の中でわかりやすいのが「ぽん酢で食べる豚もやし」です。リニューアルをしてさらに美味しくなったそうなので購入してみました。

もやしはいろいろな栄養素をふんだんに含んだヘルシーな食品です。種に蓄えられたデンプンや脂肪、タンパク質など、潜在的な栄養素が加水分解されて、もやしになる段階でエネルギーを放出しながら細胞や組織を作って成長するという特徴があるのです。

さらに、新陳代謝をする過程で、それまで含まれていなかった新しい栄養素が合成されていきます。発芽というメカニズムには、私たちには図り知れない、複雑で神秘的な反応が起こっているのですもやしは種子本来の栄養素に加えて、発芽・成長しながら、あらたに別の栄養素が生成するという特殊な野菜です。低カロリーで健康に役立つ様々な栄養素を含んでいるので、ヘルシーな食品なのです。カルシウム、葉酸、食物繊維が「豊富に含まれています。

もやしの栄養 | もやし生産者協会


また、豚肉にもタンパク質をはじめビタミン類・ミネラル類などの栄養素をバランスよく含んでいます。そんな豚肉ともやしの組み合わせはおかずに持ってこいですね。電子レンジで500w2分の加熱で簡単に出来上がります。お値段は税込321円と高くもなく安くもなくというところでしょうか。

f:id:hikarureon:20210423124108j:plain

204Kcal タンパク質9.5g 脂質15.6g 糖質4.4g 食物繊維3.9g カロリー低めでタンパク質を摂取できるのは嬉しいポイントです。

f:id:hikarureon:20210423124118j:plain

必ず電子レンジで温めた方が良さそうです。豚肉の量も多く入っており満足度の高いビジュアルです。黒胡椒がかなり入っているのが見てわかります。もやしを覆っている豚肉でもやしが見えません。それほど豚肉がギッシリ入っていることの証です。

f:id:hikarureon:20210423124128j:plain

添付のポン酢をかけて食べます。かんきつ果汁入りのぽん酢はやや強めな酸味と旨味成分の感じられるタレとなっています。一人前のおかずに対して充分な分量のぽん酢です。

まずは豚肉をいただきます。柔らかく仕上げた豚肉は口のなかで綺麗に噛み切れる柔らかさです。黒胡椒がパンチとなっていい仕事をしています。甘みのある豚肉と酸味のぽん酢そこにパンチの効いた黒胡椒と抜群の相性で仕上がっております。もやしはシャキシャキとしていて生をレンジで温めたのかと錯覚するほどに食感の鮮度は抜群です。
豚肉で包んで食べると「うまい」の一言が思わず口から迸るほどでした。

f:id:hikarureon:20210423124137j:plain

まとめ

冒頭でも申し上げた通り味の想像できる商品を忠実にレンジUP商品として再現したこちらの「ぽん酢で食べる豚もやし」ご飯が進むおかずとしても酒のつまみにも充分満足できる一品です。何より栄養価の優れた食品の組み合わせで作られていることに単身赴任の私としてはありがたい一品です。みなさまも食卓の追加のおかずとして是非お試しください。満足度が高いはずです。

 


スポンサーサイト