単身赴任の暮らし

単身赴任歴25年一人暮らしを豊かにしようと日々挑戦中


スポンサーサイト

マイカリー食堂 「ごろごろチキン&野菜カレー』カレーでお肉も野菜も食べたい方に最適です

松屋のカレー業態マイカリー食堂、初夏の蒸し蒸しとした気候の中、食欲を刺激するのはやはりカレーですね。マイカリー食堂にて「ごろごろチキン&野菜カレー」をテイクアウトしてみました。マイカリー食堂は現在70店舗が営業しています。店舗数からいくと、まだまだ発展途上ですが今後増えていくと思われます。

「ごろごろチキン&野菜カレー」はそんなマイカリー食堂の人気メニューです。大きな具材とチキンで構成されたこちらのカレーは並盛が、税込680円で食べれちゃいます。

カロリーは1024kcal たんぱく質33.1g 脂質40.3g 炭水化物125g と高カロリーですね。その分タンパク質も多く摂れます。

ご飯とカレールーを別々に容器に入れてくれる為少々時間を置いてもレンジアップなどで温め直すこともできます。

f:id:hikarureon:20210626122252j:plain

本日は購入してすぐ食べる為豪快にご飯の上にかけちゃいました。たっぷりの具材が入っているのがすぐにわかります。ソースはマイルドから5段階まで辛さを選べます。ソースはマイカリー食堂の場合2種類ありますが、こちらはプレーンソースを使用しています。

f:id:hikarureon:20210626122237j:plain

大きめにカットされた鶏肉が3切れ入っています。口の中でホロホロと溶ける鶏肉はスプーンでカットするのも容易くとても柔らかいです。味も染み込んでおりソースとの相性も抜群です。

f:id:hikarureon:20210626122632j:plain

続いては、南瓜です。甘くて柔らかくてコクがあります。こちらはお大きめなサイズで一切れ入っていました。

f:id:hikarureon:20210626123106j:plain

じゃがいもは4等分されたカットで3切れ入っていました。ホクホクとして旨味のあるじゃがいもはカレーの定番野菜です。

f:id:hikarureon:20210626123219j:plain

プチトマトも入っています。甘めのプチトマトは、囓ると酸味が出てきてカレーとの相性がとても良いです。

f:id:hikarureon:20210626123702j:plain

色変わりしていますがカレーソースを含んだ旬のナスはこの時期の野菜カレーには欠かせない一品です。

f:id:hikarureon:20210626123856j:plain

量は多くありませんがほうれん草も入っています。食感はあるのですがほうれん草の旨味は感じられませんでした。完全にソースの味に負けています。それでも栄養価が高いほうれん草を食べれるのは嬉しいポイントです。

f:id:hikarureon:20210626124116j:plain

定番のにんじんです。苦味が少なくカレーソースと合わさると甘めの味に変わります。

f:id:hikarureon:20210626124329j:plain

玉ねぎは他の野菜と比較するとカットは小さめですが溶けてなくなる事なく存在感を示してくれます。やはりカレーには欠かせない一品と言えるでしょう。

f:id:hikarureon:20210626124501j:plain

合計8品の入ったカレーです。ソースは私がマイルドで頼んだので辛さは弱めですがスパイスの香りとコクのあるカレーでご飯も具材も、もりもり食べれます。野菜も食べたいけどお肉も食べたいという方にピッタリな「ごろごろチキン&野菜カレー」是非お近くにマイカリー食堂のある方はお試しください。





スポンサーサイト