単身赴任の暮らし

単身赴任歴25年一人暮らしを豊かにしようと日々挑戦中


スポンサーサイト

「松屋系列店 マイカリー食堂」の煮込みハンバーグカレーはボリューム満点です

松屋といえば、牛丼を思い浮かべると思いますが、系列店にカレー専門店のマイカリー食堂というお店があります。気にはなっていたのですが、松屋で済ますことが多く今まであまり利用していませんでした。そんな松屋の「マイカリー食堂」で「煮込みハンバーグカレー」をテイクアウトしてみました。「マイカリー食堂」はホームページで調べると43店舗(今現在)展開しているようです。(一部は松屋・松のや併設)

カレーは全メニューサイズが選べます。ご飯の量の調節、辛さの調節ができます。私は辛いカレーが苦手なのでご飯普通の、辛さマイルドをチョイスしました。容器が小さく見えるほど大きなハンバーグが入っています。ネットの情報を見ると200gビーフ100%のハンバーグだそうです。ソースは黒光して少し緩めの粘度です。シャバシャバとまではいきませんが、サラリとしています。ご飯とハンバーグに絡んで丁度良い感じです。スパイシー感もあり後味がとてもさっぱりとしたルーです。肝心のお値段は720円とビーフ100%のハンバーグが乗っている割にはリースナブルですね。

f:id:hikarureon:20210518123808j:plain

お持ち帰り用のプラスチックスプーンでも綺麗に切れる柔らかなハンバーグは煮込まれてカレーの味が染み込んでいます。一口食べると肉汁が溢れ出てとてもジューシでした。おまけでハンバーグが入っているのではなくハンバーグだけでもメイン料理になりそうです。ビーフ100%のハンバーグは肉の旨味を感じさせる上品な味のハンバーグです。カレーとの相性が抜群でした。

f:id:hikarureon:20210518123819j:plain

大きくカットされたじゃがいもとニンジンが合計4個入っていました。スプーンを覆い隠すほどのボリュームで中までカレーの味が染み込んでじゃがいもはホクホク人参はしっかりと人参の旨みがあります。じゃがいもを溶ける事なくしっかりとカレーに入れているのは個人的にはとても嬉しいポイントです。辛さをマイルドにしたせいか野菜の甘みが際立ちます。

f:id:hikarureon:20210518123827j:plain

煮込みハンバーグカレーは1112Kcal タンパク質33.4g 脂質47g 炭水化物129.7gとなっておりとってもボリューミーです。14時ごろに食べて夜の22時でも満腹感が残っていました。「マイカリー食堂」はまだまだ知らない人も多いでしょう。豊富なカレーメニューの種類とコンスタントに出てくる新メニューで松屋と並ぶメニュー展開が楽しめる商品が魅力的なお店です。看板メニューのロースカツカレーは550円で食べれます。とんかつは松屋フーズのとんかつ業態「松のや」で使われる「とんかつ」に近い商品を提供してくれます。「マイカリー食堂」の人気NO1メニューとしてコスパに優れた商品です。今回食べた「ハンバーグ煮込みカレー」お近くに「マイカリー食堂」がある方は是非試してみて下さい。「マイカリー食堂の店舗一覧を載せときます。

マイカリー食堂|グループ店舗 | 松屋フーズ



スポンサーサイト