単身赴任の暮らし

単身赴任歴25年一人暮らしを豊かにしようと日々挑戦中


スポンサーサイト

CoCo壱番屋 「ロースカツカレー」久しぶりに食べてみた 夏場のカレーは美味しいですね

久しぶりに CoCo壱番屋を利用しました。カレーといえば「すき家」「松屋系列マイカリー食堂」にもあります。CoCo壱番屋はカレー専門店で店舗数1472店舗(うち直営152店舗)2021年2月末現在を運営しています。いつもならマイカリー食堂を利用しているのですが、なんとなくCoCo壱番屋へ足を向けました。

CoCo壱番屋は数年利用していなく注文のオペレーションを忘れてしまうほどです。店舗に到着するとお持ち帰りの窓口がありボタンで店員さんを呼び出す様です。メニューはカツカレーと決めていたのですがお持ち帰りメニューの幅が広いのはマイカリー食堂との差です。

注文方法は3種類あります。電話で注文する、店舗で直接注文する、ネットで予約注文するですが、私は店舗で直接注文しました。事前に決まっていなければメニューをネットで見て電話で注文した方が待ち時間も無くおすすめです。

注文時に決めるのはライスの量、普通300gから大盛り600gまであります。100g単位で注文可能です。福神漬のあり無しも選ぶ事ができます。続いてソースの辛さを選びます。辛さ無しから2辛から10辛まで選択できます。甘さも1甘から5甘まで選べます。トッピングを注文する場合はトッピングの具材を注文します。ざっと数えてみましたが40種以上あるので事前に決めておいた方がスムーズに購入できると思います。ちなみにルーだけの注文もできる様ですので家のご飯で食べることも出来ます。

今回私が注文したのがポークロースカツカレー甘口ライス普通です。価格は税込809円ライスは普通で300gなら結構なボリュームですね。ちなみにロースカツカレーの場合
カロリーは1156Kcal たんぱく質26.1g 脂質49.4g 炭水化物147.9gとかなりヘビーです。

お持ち帰りの容器はセパレートになっており、ソースとご飯が別々になっています。電子レンジで温めも可能のなので冷めてしまったら温め直す事ができます。

ルーが別容器なので食べ方に迷いましたが直接ご飯にかける事にしました。ロースカツに半分かかる様にしてダバ〜っとかけます。中にはご飯をスプーンに乗せてカレールーに浸けて食べる方もいるかもしれませんね。

f:id:hikarureon:20210718110938j:plain

久々に食べるCoCo壱番屋のカレーは意外とシャバシャバしており、こんなにゆるかったかなと思いました。まずいわけではありませんが、マイカリー食堂と比べると薄口になります、それでも独特のスパイス感は健在です。ロースカツは均等に食べ易く切られており、スプーンで切ることも出来る柔らかさなので最後までスプーン一本で食べれるのはありがたいです。

f:id:hikarureon:20210718111222j:plain

食べる機会が多くなる夏場の食欲をそそる魅力的なカレーですが、牛丼各社および松屋のマイカリー食堂やコンビニなどと競合する、カレー専門店の老舗チェーン店CoCo壱番屋のロースカツカレーはやや割高感があります。久しぶりに食べまた安定のCoCo壱番屋のカレーですが、再び食べるのは又しばらく先になりそうです。熱心なファンがいるCoCo壱番屋のカレー。トッピングが楽しめるのは強みですね。



スポンサーサイト