単身赴任の暮らし

単身赴任歴25年一人暮らしを豊かにしようと日々挑戦中


スポンサーサイト

ローソン まちかど厨房「三元豚の厚切りロースカツカレー」専門店に負けない美味しさだった

ローソンが取組む「まちかど厨房」をご存知でしょうか?現在4000店舗で展開、今季中には6000店舗に拡大するそうです。4つのこだわりでお弁当類を販売しています。

1 お米のこだわり 炊き方を追求したマニュアルのもと、白いご飯を毎日お店で炊飯「炊き立て」の美味しさを提供します。
2 厚切りロースとんかつ、豚ロース肉の厚さは約20mmと極厚。こんなに厚いのに柔らかな食感はまちかど厨房だけ。店内でじっくり揚げているから、サクサクジューシー
3 カレーのこだわり 指定の工場で21種のスパイスを高温焙煎することで、スパイスの香りにより磨きがかかりました。更に5段階に分けて煮込む工程をふむことで家庭ではなかなか再現できない本格的な味わいに仕上げました。

4 店内キッチンだから作れる美味しさ 安心・安全

 ローソン公式ぺージに書かれています。
店舗検索 | ローソン

そんなローソンのまちかど厨房で「三元豚の厚切りロースカツカレー」を実食しましたのでレビューをお届けします。価格は598円となりますが妥当な金額ではないでしょうか。店内調理を考えるとリースナブルとも言えます。

従来の弁当売り場とは違う一角にまちかど厨房の商品が並べられています。見た目は従来の弁当と変わりはありませんがカレーの粘度がチルド弁当とは違います。

f:id:hikarureon:20210701122050j:plain

賞味期限は当日夕方までとシビアです。従来のコンビニ弁当は2から3日だったことを考えると短いかも知れませんが、それだけ新鮮ということです。
カロリーは770Kcal  たんぱく質25.8g 脂質24.4g 糖質108.8g 食物繊維5.2gと高たんぱく質料理となっています。

通常だとラベルに電子レンジ加熱時間が書いてありますがこちらはありません。手に持った印象では冷めているので出来立てを買えない時はやはり電子レンジで温めないとなりません。私は電子レンジで2分加熱しましたがカレールーが冷たかったので取り外しできる容器なのでカレールーだけ追加で1分加熱しました。


f:id:hikarureon:20210701122327j:plain

セパレーツになった容器には厚切りの三元豚ロースカツとカレーソースが分かれて入っています。三元豚ロースカツは確かに厚みが2㎝ほどあるでしょうか?かなりのボリュームです。

f:id:hikarureon:20210701123028j:plain

電子レンジで温めたのでサクサク感は乏しいですが三元豚ロースカツのボリュームは、たいしたものです。歯応えがある割には、柔らかいジュシーなロースカツで、とても美味しいです。出来立ての時間ならサクサクとして価値が数倍上がったでしょう。

f:id:hikarureon:20210701123632j:plain

カレーのルーは何も入っていないプレーンなカレーです。かなりスパイス感があり、やや中辛よりで程よい辛さとコクがあってとても美味しかったです。個人的感想としては深みとブレンドの良さは松屋のマイカリー食堂に肩を並べるくらい美味しいと思います。辛すぎない絶妙な辛さですが、辛口が苦手な方は微妙かも知れません。

f:id:hikarureon:20210701124200j:plain

正統派のカツカレーと言えるでしょう。メインのカツはコンビニで食べれる味を超えて専門店で食べるものに負けていません。出来立てを買えたらラッキーでしょう。ソースとの相性も抜群でご飯がもりもり進んでいきます。通常のコンビニカッツカレーとは一線を画したメニューとなっています。又メニューのラインナップは店舗により違うようですが、公式ぺージには25種類の品揃えが載っています。今回は「三元豚の厚切りロースカツカレー」ですが、他のメニューも食べてみようと思います。



スポンサーサイト