単身赴任の暮らし

単身赴任歴25年一人暮らしを豊かにしようと日々挑戦中


スポンサーサイト

松屋「ゴロゴロチキンのチーズトマトカレー」ごろごろチキンとの相性抜群 リピート確実です

松屋に行くと往復30分くらいの歩く運動になるので最近は松屋をよく利用しています。そんな松屋の店頭に「ゴロゴロチキンのトマトカレー」のバナーを発見5月18日火曜日から発売の予告がなされていました。早速発売日と共にテイクアウトで購入しましたのでレビューをしていきたいと思います。価格は、並盛り690円大盛り790円と意外とリースナブルな価格設定です。松屋公式では

たっぷりトマトの酸味とスパイスの辛味+とろけるチーズが至極の逸品
本格的な夏の訪れの前に...夏野菜とチキンでエネルギーチャージ

根強いファンが多い大人気のあの"ごろごろ煮込みチキンカレー"から「トマトカレー」が登場!
今や通販でしか買うことのできない「トマトカレー」。そんな幻のカレー「トマトカレー」が令和仕様にアップデートして期間限定で復刻します‼
トマトの酸味とスパイスの辛味がたまらない「トマトカレー」に、鉄板でジューシーに焼き上げた鶏もも肉をプラスした「ごろごろチキンのトマトカレー」は、その名の通りごろごろ感たっぷりの食べ応え満点な人気メニュー。また、今回は夏野菜もごろごろ入った贅沢仕上げで、旬の野菜をたっぷりお召し上がりいただけます。さらに、とろ~りチーズをたっぷりトッピングした「ごろごろチキンのチーズトマトカレー」も同時発売。チーズとトマトカレーの相性は抜群で一度食べたらやみつき必至です。
2018年から発売を開始した「ごろごろチキンのトマトカレー」は、「2020年第2回松屋復刻メニュー総選挙」にて激戦の末、1位のシュクメルリに惜しくも「僅差」で敗れたものの、多くのお客様からの熱い想いを受け、この度復刻を遂げました。是非この機会にパワーアップした松屋の「ごろトマ」をご賞味ください。

 第2回松屋復刻メニュー総選挙で第2位に選ばれています。そんなトマトカレーの味に期待を馳せます。

f:id:hikarureon:20210519105625j:plain

「ゴロゴロチキンのチーズトマトカレー」はチーズがトッピングされて100円増しの790円です。やはりトマトにはチーズでしょうとういう事でチーズカレートマトをチョイスしました。蓋を開けるとタップリなチーズに驚きます。器のほぼ全面をチーズが覆っていおり、チキンは大きめにカットされ8切れと「ゴロゴロ」の名にふさわしい量が入っています。香りは、にんにく臭が鼻を刺激します。ビジュアルで赤と黄色のコントラストは食欲をそそります。

f:id:hikarureon:20210519105640j:plain

一口食べるとトマトの酸味が強く全面に出ていて、にんにくの後味が鼻にぬけます。カレーの味は、ほとんどしませんがカレーに使われるであろう各種スパイスの味が微かにします。これはカレーなんだっけ?と思わせるほどにトマトの味が全面に押し出されています。そんなトマトソースは、チキンとの相性が抜群で柔らかでジューシなチキンがパクパクと進みます。チーズのとろける感も程よく絡まって濃厚な味に変化しています。

f:id:hikarureon:20210519105654j:plain

チーズの伸びは素晴らしいの一言に尽きます。見た目と味で両方楽しめます。チーズが全体に溶けるわけではなく一つの具材として存在感が半端ないです。カレーの辛さは、ほとんどなく後味で少し辛いかな〜程度でした。さしずめチキンのトマト煮込みに近い味です。しかしご飯との相性は抜群で濃いめのソースがあっという間にご飯をたいらげてしまうほどです。

f:id:hikarureon:20210519105709j:plain

夏野菜のズッキーニとパプリカが、ゴロゴロと入って味の変化に一役買っていました。

f:id:hikarureon:20210519105719j:plain

松屋の「ゴロゴロチキンのトマトカレー」まずは鶏肉のゴロゴロ感で満足度が高いです。イタリアンテイストのトマトカレーもとても相性が良く全体的にうまくまとめた味に仕上がっていました。注文の際はコクのあるチーズを使った「チーズトマトカレー」をチョイスすることをお勧めします。期間限定なので松屋が近い方は是非一度食べてみて下さい。私はリピート確実です。






スポンサーサイト