単身赴任の暮らし

単身赴任歴25年一人暮らしを豊かにしようと日々挑戦中


スポンサーサイト

セブンレイブン 「味しみ特製ロースカツ丼」がお勧めできるわけ

味の想像がつくものを購入するときはこだわりの店で買うのが正解だと思いますが、そうそう専門店に買いに行くこともできません。お手軽にコンビニで購入できることは、単身赴任の私にとってはとても嬉しいことです。

本日はカツ専門店や蕎麦屋などでお馴染みのカツ丼をセブンレイブンで購入しましたのでご紹介いたします。

商品名は「味しみ特製ロースカツ丼」と少々もじった名前のカツ丼です。セブンイレブン公式では

 

ジューシーに揚げたとんかつを割り下で煮て「こだわり卵」でとじる事で卵の風味を楽しめます。一食ずつ作る事で、かつに味が染み込み美味しいカツ丼に仕上げてます。

 

と書いてありました。パッケージにもこだわりの玉子シールが貼ってあります。


f:id:hikarureon:20210505114704j:plain

お値段は税込537円と500円を若干飛び出しています。ここは頑張って500円以下にして欲しかったと贅沢なことを考えます。

カロリーは714Kcal  タンパク質29.5g 脂質21.1g 糖質98.1g 食物繊維6.6gと高タンパク質な商品となっています。卵が豊富に使われていることから高タンパク質になっているものと思われます。とんかつと玉ねぎ、卵とシンプルなカツ丼は味の想像が出来ますのでセブンイレブンがどんな味に仕上げてきたのか期待が湧き上がります。

f:id:hikarureon:20210505114715j:plain

電子レンジで500w4分で出来上がりです。2層のパッケージになっており上がカツ下がご飯という容器に入っていました。電子レンジで温めたらスライドさせてご飯の上にONするスタイルで炊き立てのようなご飯になっています。ご飯が「くたっと」せず食べれるのは嬉しいポイントですね。卵も所々が半熟状の溶けた感じになっており機械ではなく手作業の工程で作っている苦労が伺えます。蓋を開けると出汁の香りがほのかにします。

f:id:hikarureon:20210505114725j:plain

カツの厚みは画像の通り薄くもなく分厚くもなく平均的なとんかつです。推測ですが80gくらいの豚ロース肉を使用しているものと思われます。(あくまでも推測です)衣の付け具合もちょうど良く衣でごまかしている感じはしません。王道のカツ丼ですね。

卵とかつと玉ねぎは、柔らかく程よい噛みごたえです。一口かむと衣に染みこんだ出汁がジュワッと口の中に広がります。ご飯もセパレートの容器のおかげで程よく出汁が合わさり米の旨さが際立ちます。味付けは全体的に甘めですが出汁の風味と醤油がバランスよく配合されており、専門店の味に決して劣るわけではありません。程よい甘さで、カツ丼の甘さは正義ですね。

f:id:hikarureon:20210505114739j:plain

卵だけでもご飯が進みます。セブンイレブンの親子丼もそうでしたが卵のジューシさを表現しているのは素晴らしいことだと思います。

f:id:hikarureon:20210505114749j:plain

まとめ

想像していたものより格段も上の出来栄えです。さすがに専門店には負けますが、チェーン店のカツ丼に並ぶ旨さです。商品特性上カツのサクサク感はありませんが、その分しっかりと煮込まれていることにより柔らかさとジューシーさで補っております。容器の底が上底になっておりもう少しご飯が、入っていれば100点と言いたいところです。
コンビニ弁当としてはカツ丼を、よくぞここまで美味しく仕上げたものと感心しました。是非お手軽カツ丼を試してみてください。



スポンサーサイト