単身赴任の暮らし

単身赴任歴25年一人暮らしを豊かにしようと日々挑戦中


スポンサーサイト

松屋とすき家のカレー 風邪の時はすき家のカレーでアレンジカレー麺

風邪をひいてもう何日目だろ。

そろそろ治りかけてきた兆候があるも、だるさと味覚の無さ加減(何を食べても美味しく感じない)は相変わらず。

今日は晩ご飯を何にしようかと悩む。

食欲のない時に食べるものでかつ、身体を温めるものを考えながらとメニューを考えます。

社宅の近くには松屋すき家があります。

松屋は歩いて15分ほど(軽い運動になって良い)すき家は5分ほどの距離です。

その看板を遠く思い浮かべながら牛丼か〜とつぶやく。

まてよ、カレーもいいじゃないか。そうだカレーだ。

食欲のないときでもカレーなら食べられるというほど、食べやすいものでもありますね。そして、もともとカレーは薬膳料理でもあるので、風邪に効く食べ物とも言えるのです。インドでは風邪を引いた時のさっぱりカレーというのもあります。

カレーに含まれる黄色い香辛料ターメリック(ウコン)。その中に含まれているクルクミンという成分は免疫力を高める上、肝臓の働きを良くします。その為、カレーを食べれば、病原菌やウィルスが体内で暴れにくくなります。また、辛いカレーを食べることで唾液がたくさん分泌され、咳や喉の痛みが緩和されるのだそう。

 さてどちらのカレーにするか。

心の中で松屋すき家が戦う。

 

お値段はさておき、松屋のカレーはスパイシーで具がない。

すき家のカレーは、スパイシーさでは負けるが、野菜の煮込み感が好き。

言い換えると、お父さんが作る本格風カレーが松屋

お母さんが作るお家のカレー風がすき家か。

など考えながら、すき家に決定。

夕ご飯に食べるのでご飯と、ルーを分けてもらいセパレーツで持ち帰る。


そのまま食べないのが男の手料理。


ご飯は重い。寝る前にすき屋の並盛りとはいえ250gくらいのご飯では消化に悪そう。それにいかにもコンビニ飯みたいで寂しいということでアレンジしました。

材料

茹で玉子

新じゃがいも(ビタミンCが通常の3倍らしい)

きしめん(平で麺にカレーが馴染みやすい)

めんつゆ


f:id:hikarureon:20160323180637j:plain

 
すき家のカレー(ルーのみ使用)余ったご飯は冷凍庫へさようなら。

f:id:hikarureon:20160323181806j:plain

 

作り方

1 まずじゃがいもをレンジでチン3分くらいかな。

  ポイントは切るときじゃがいもが寝ている状態の角度で切る。
  

f:id:hikarureon:20160323181034j:plain

 
ポイントとして大きさが大小でもこのまま縦に包丁を入れると高さが均等にならないので横にスライスすること。画像のように均等になりますよ。

f:id:hikarureon:20160323181108j:plain

 
2 きしめんをレンジでチン1分くらいかな
 

f:id:hikarureon:20160323181332j:plain


3 鍋にお湯を底から1センチくらい入れて沸騰させる。男の手料理は適当。
 

f:id:hikarureon:20160323181424j:plain

 
4 きしめんを入れてめんつゆを小さじ1くらい入れてめんをほぐす。これも適当。
あまり入れすぎないくらいの量。

f:id:hikarureon:20160323181506j:plain


5 すき家のカレーを投入
 

f:id:hikarureon:20160323181530j:plain

 
6 カレーが温まったら出来上がり。

  水分が多くもなく、少なくもなくめんをほぐす分だけなのでカレーうどんとは、呼ばせない。

7 トッピングを乗せる

f:id:hikarureon:20160323181712j:plain

 
8 よくからめて食べます。

いただきます。!!

 

f:id:hikarureon:20160323181830j:plain

 
今日は余っていた牛肉を湯通しして包んで食べました。(あいがけ風)

f:id:hikarureon:20160323181910j:plain

 
やっぱり風邪の時に人恋しいときは、庶民的なカレーがいいですね。

お母さんのカレーというと昔ならボンカレーみたいな味。

今は本格的なカレーも成城石井などに色々並んでいるのでレトルトカレーでもいいのですがやっぱり、麺に相性がいいカレーを選びたいものです。

体ポカポカ栄養たっぷりで明日に備えますよ〜。



スポンサーサイト