突発性難聴ではじめたブログ

突発性難聴と耳鳴り 不眠時の日々を綴る

耳鳴りと仕事

最後に書いてから何ヶ月経ったかなあ?

振り返ればこの何年か色々ありすぎてよくわからなくなっていたのだが、ブログのおかげで当時の行動や気持ちがよく見えてくる。そんな思いからこの投稿をしています。

 

今年秋の定期異動で管理職のポストにもどされました。2年以上閑職にいてよく戻れたと思うくらいおどろきました。

私は将来に不安をかかえて管理職に戻った事と果たして務まるかの狭間にいながら日々仕事をしています。なぜなら

実は怖いのだ。

前線を離れて気がついた事がありすぎてもう自信を持てなくなってしまった。部下の目線が気になってしまってしょうがないんです。

 

病気の方は相変わらず通院していますが、転居を伴う転勤なので紹介状を貰い職場の近くに転院しました。やはり前の病院でもありましたが先生による結論付けは違うので薬が変更。

 

私は果たしてなんの病気なのかと毎日不安になりながら漫然と薬を飲む毎日。先生曰く会社に行けて通常勤務が出来るのは薬のおかげだよって励まされています。

 

いやいやそんな事言われたらその気になっちゃいますよね。そして嫌われないようになったのも薬のせいなんだろうか?

 

ひとつだけ言えるのはっていうか、自信を持って原因と言えるのは耳鳴りです。会話が成り立たない事がおおいのです。聞き直したり聞こえなくて困ったりすることにより、伝わらない伝えられない。

たしかに片耳は聞こえるのだけれど耳鳴りが酷くて聞き取れません!。

 

色々な場面〔朝礼や昼礼〕でその旨は伝えているけれど相手にしてみれば何をどうしたら良いのかわからないし、その場はそうかそうなんだと思っていても忘れてしまいます。

 

これが現実ですね。

 

転職した方が良いのだろうか?