読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

突発性難聴ではじめたブログ

突発性難聴と耳鳴り 不眠時の日々を綴る

ブログを再開します ご挨拶

健康 身体 生活

ご無沙汰しております。

 

日々読者登録している方のブログを昼間の休憩時などを利用して拝見しておりました。

とても楽しみに拝読させていただき、このはてなプログを始めてよかったなあと痛感しております。しかしながら7月1日をもちましてしばらく更新を止めていたのです。

 

突発性難聴の不眠状態から休職して早1年が経過しております。

 

その日は10月の21日、再度一年を振り返りその日を境に再開しようと考えておりましたが蓄積した日々の自らの記事を見続けて11月からもう一度キーボードに向かおうと決めました。

 

更新の滞った理由は7月に入り完全フルタイムにて仕事が再開し体力的な疲労感が想像を絶するものだったからです。眠気そして体の疲れ暑さなどなど。

睡眠時間を逆算して優先度を下げた結果ブログの時間を作ることができませんでした。

 

そのおかげか、今は睡眠状態は平均6時間をきちんとキープできるようになり中途覚醒もほぼなくなるという状況です。

 

変則的な生活習慣(時短勤務による)を改善すべく起床から夕食そして、就寝時間までのパターンを自分ながらに確立すべくブログを書く時間を削ったのです。

意識的に削ったということではないのですが、そのパターンにの中にできるだけ

1000文字以上UPしようとしていた自分には少し負荷がありすぎると感じました。

 

10月に読み返した時、この日はこうだったんだこんな気持ちで生活していたんだと振り返ることができブログに綴ったことが決して無駄ではないことに気がつきました。

 

おかげさまで更新を止めていても少しではありますが読者様も増加し、いつか再開したと考えていたところにキリのいい本日を選びました。

 

さて病状の方ですが、耳鳴りは相変わらずですがフルタイムで働くことによる疲れと人と接する緩やかなストレスと喜びによる心の変化によりかなりの割合で小さな音になりつつあります。適度な昼間の活動と会話という刺激により色々な体内の状況に良い変化が起きていたのですね。

 

最初のフルタイムは体力的に辛くそれも慣れたのが一因かもしれません。ここでは紹介を避けますが読者登録している方のブログからの刺激もとても良い効果を表したと思います。

 

生きていく上での困難は数多くありますが、やっと自ら置かれている状況を受け入れることができたと痛感しています。

 

仕事上では相変わらず無冠で窓際みたいな存在ですが、この状況の不安感・疎外感・無気力感も今は平気です。

 

フルタイム開始当初はそれらの気持ちが強すぎて心がくじけそうになりましたが、諦めることなく日々勤務をしていたお陰で自分の今の存在価値を認める自分がいます。きっと小さなことかもしれませんが誰かの役には立っているだろうと思い込むことができるためです。

 

 

薬の量も少しづつ減りいよいよ、来季に向けてなんとか仕事での再起も目指しております。そこまで考える余裕が出てきたということですね。

 

今後は不定期そして短文でもいいからもう一度ブログを始めようと思っております。

 

『再開に際して』ということで本日はご報告をさせていただ来ました。

 

ぜひ今後とも宜しくお願い申し上げます。