読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

突発性難聴ではじめたブログ

突発性難聴と耳鳴り 不眠時の日々を綴る

心療内科と睡眠導入剤 不眠を説明するのは難しくて気が遠くなる

昨日は3週間ぶりの心療内科



医師とのコミュニケーションが、中々思った通りにいかない、

 

そもそも普通?常識?というか、雛形が無いのであくまでも主観になってしまうのだが、私の考えと医師の治療方針にかなり乖離がある気がする。そして気がするだけだからタチが悪い。

 

どこがこうだああだと言えないのである。

 

そこそこインターネットで薬の効果というのは理解していても、実感として効いているとは思えないと感じている事を口にする場合、「先生、前回と同じように朝起きてしまうのでもう少し寝たいのですが」と言っている。

先生曰くでは「薬の○○を二錠にしましょう」

私。「昼間の眠気が残るのでその薬二錠にして大丈夫ですか?」

先生「眠気はしょうが無いですね。」

私。「今の睡眠時間では疲労感が強いのであと2時間伸びると6時間超えで違うと思うのですが。」

先生「睡眠時間は総量で見てください。単位は一週間で平均6時間超えていれば問題ありません」

本当かなぁ???と思いませんか。

 

つまり私は、薬の種類を変えて全体の総量は減らしたい。

しかしながら薬の切り分けが出来ないのです。

 

どの薬が減らせるのか。寝る前に6種類を20時から1時間ごとに3回に分けて飲むのも辛いですよね

 

要は今の薬を継続しても変化が無いのだと遠回しに伝えているのです。何カ月も薬を増やす事はしているのに状態は変わらないと暗に言っているのです。とはいえどの薬を減らしたらいいのかなんて質問は、寝れなくても良いと宣言するようで言えないのです。これは、私の性格なのか雰囲気なのか、カットされた薬で寝つきが良い事まで疎外されたらという恐怖。

 

私の願いは耳鳴りを気にしないようにしたい。

キーンという音のストレスから解放されたい。

 

睡眠不足になると音が大きくなるから心療内科で治療を受けようと決めたのに。(耳鼻科ではもうなおらない、慣れるしか無いと言われた)1年も通って、この先いつまでも飲み続けるのかと考えるとゾッとします。

 

先の見えない難病

突発性難聴

 

予防対策も未だ確立していませんし、根治治療法も無い、耳鳴りさえ無ければ不眠も無かったでしょう。

 

突発性難聴で始めたブログと言いながら最近目を背けていたので久々につらつら愚痴を書いてしまいました。

 

そのあとの薬局でも先生と同じように質問されて、それて無くても耳が良く聞こえないのに騒がしい中での会話。つい先生とも話したことを二度説明させないで下さいと、言ってしまいました。眠れてますか?とか質問されても眠れてないから通っているのに、何故?なんて考えてしまう私は心が狭いのでしょうか?

 

昨日は久々に引越した友達と再開。

話す事をその前にまとめておこうと電車に揺られながら書いたものです。

電車に揺られながらつらつら書き留めてこの話は、結論のないことに気がつきました。


今日の楽しい食事に気を向けることにして終わりにします。

 

そして昨日の友人との飲み会、やはり病気には触れないまま夜も更けて泊まりのコース。



f:id:hikarureon:20160628072537j:image

釜飯とナスと山芋のサラダだけ写真を添付。

これからまた、日常に戻る前の朝。

追加でスマホから投稿でした。

なぜか写真が横になってしまう(^-^)