読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

突発性難聴ではじめたブログ

突発性難聴と耳鳴り 不眠時の日々を綴る

出前と言わない宅配 バーミヤンの宅配を試してみた

娘から手紙でも来ているんじゃないかと何度か開けた

ポストの中。

 

何度目か開けた時、ポストの中に入っていたバーミヤンの宅配チラシ。

 

f:id:hikarureon:20160619151430j:plain

 

いつもは

そのまま捨ててしまうこの手のチラシ、表紙を見た瞬間に自炊の寂しさが

ふと心の中に芽生えてしまった。

 

外の暑さに逃れるように帰ってきたこと、そして脳裏にある

世間は父の日という日曜日。

 

この父の日という特別な言葉を

ふと思うことはあっても仕事に忙殺されるあまり

意識したことがなかったのが、今年はいつもと違い休職という

人生初の経験と病気。

 

ブログを昨年より始めたことにより書いた内容や

父の日に触れた事が自分の中でさらに意識を表面化したのかもしれない。

 

昔は出前という手段を用いて、カツ丼や寿司、うな重そして果ては麺類まで

頼めたものであったが、単身生活を始めた頃からそのような出前をやっている

店を近くにあると知ったこともなく、その後チラシとして入るのは

ピザや寿司がほとんどだった記憶がある。

 

そのチラシを家に持ち帰り利用したことも一度もないものだ。

 

冷蔵庫の中には自炊するだけの食材はあるのだが、なんとなく少し

ささやかに豪華な中華を食べたくなった。

 

外食という手もあるが、家族連れの中に行く気にはなれない気分。

 

電話を手に取り受付テレフォンセンターに電話をする。

 

住所を伝えて該当エリアであることを確認してメニューのか中から

注文を伝える。1500円以上で受けてくれるそうである。

 

一見高そうに思えるが、生ビールの一杯も頼めば店でもそのくらいは

かかるだろう。

 

その分サイドメニューを頼めばいいので3品を注文した。

 

注文をしたのが13時、家に届けて欲しいとお願いした時間は16時30分

 

家のチャイムが鳴ったのが16時20分という手際に驚かされる。

 

そして並んだ豪華な中華。

 

f:id:hikarureon:20160619190632j:plain

 

まずは

たっぷり野菜の7品目冷やし中華

卵・鶏胸肉・ハム・キュウリ・トマト・レタス(←ここまではわかったが

あと一品がわからず。。)

 

それでもタレは別盛り、そして麺がツルツルしていて冷たく、

持ち上げた時にガバッと全てが持ち上がるなどということのない

出来たて感満載の一品。

 

酸味は少し物足りないが、醤油の旨みが麺の太さと

調和がとれています。たっぷり野菜の名に恥じない具の多さに食欲も盛り返します。

 

f:id:hikarureon:20160619190658j:plain

 

箸で持ち上げた時、麺がきちんと離れているのがわかりますね。

 しっかりとごま油が香る醤油ベースのタレ。

ゴマだれも選べましたが今回は定番の醤油。

 

f:id:hikarureon:20160619190711j:plain

f:id:hikarureon:20160619190720j:plain

 

続いては特製コク旨マーボー豆腐

 

メニューのマークは辛さ1でしたが、結構わたし的には大人の辛さ

山椒?がピリリと効いています。豆腐もしっかりサイコロ型に

形状を安定させていて崩れていません。

 

とろっとろのソースは確かにコクがあります。

何かはわかりませんが、ベースに肉の旨みを凝縮した感じですね。

 

ご飯が欲しくなる、そんなお味でした。

 

f:id:hikarureon:20160619190700j:plain

 

最後の一品は鶏の手羽先の唐揚げです。スパイシーな一品。

エスニックな感じで、肉汁がきちんと溢れる出来栄えです。

小ぶりですが、肉厚もあり旨みもあり後味の爽やかな辛味も

全体を引き締めていてもう数本食べられるおいしさでした。

 

f:id:hikarureon:20160619190703j:plain

 

せめて1640円 これはクーポンを使用して290円割り引かれて

います。

 

高いのか安いのか・・・

 

私は家まで出前をして頂き熱々までは

いかないまでも、冷たいものは冷たく。

 

温かいものは温め直す必要がないほどの温度を

保って届けて頂き満足です。

 

f:id:hikarureon:20160619190729j:plain

 

 こうして再び昔のような出前?宅配?を経験してみました。

 

google Mapで調べると我が家から3キロのお店から

運んでいただいたようです。この温度を保ちながら

おうちで中華。中々経験しなかった今日の食卓。

 

そして今日は、中華料理なので先日料理用にと購入した

紹興酒を飲み久しぶりの

お酒に心地よい気落ちになりながらMacに向かっています。

 

最後になぜ宅配というのか?

 

なぜ出前と言わないのか考えてみたのですが、答えが見つかりません。

 

調べたのですが、ここで載せる確信が持てると判断できる情報が

なかったので割愛します。

 

それでも「出前」の方が私世代には馴染みがありますね。

 

まとまりのない内容でしたが、バーミヤンの宅配は便利ですと

みなさまへお勧めして終わりたいと思います。。。

 

今日は、父の日をお家で楽しんでいらっしゃるご家庭もあるでしょう。

 

それぞれの過ごし方の中でこういった食事も

ひとつの豊かさであると思いますよ。

 

便利さという点では昔も、出前があったのですが

呼び名は変われど、進化はしていますね。

 

容器を返さなくて良いのが、今の宅配なのかも

しれません。

 

f:id:hikarureon:20160619193103j:plain

 

この紹興酒アマゾンでベストセラーです。飲みやすいライトな感じの紹興酒

お安いのでアマゾンで買ってあったものです。本格的な紹興酒は高いものも

ありますが、家飲みではこちらで充分美味しく頂きました。