読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

突発性難聴ではじめたブログ

突発性難聴と耳鳴り 不眠時の日々を綴る

ScanSnap iX100 お薬の管理も楽々 無印パルプボードボツクスの整理

今週のお題「マイベスト家電」

 

暮らしの中になければなくて良いもの、あれば便利だけどそこまでいるか?

みたいな物って結構ありますよね。

そういう家電で買ってしまったけど使わないものになり果てることもあります。

 

私は、いつも使わないけどたまに使うもの。

以外とそういうものが好きです。

 

1年ほど前に衝動買いしたScanSnap iX100

 

プリンターは今はネットプリントという便利なものがあり、コンビニ行けば

ほぼ、ほとんど済ますことができます。

 

コピーも然り。スキャナはちょっと私の知識では出来ないと思っています。

 

私の家の整理計画の中に大きな無印の5段パルプボードボックスがあるのですが、こいつをなんとかしたいなと考えています。

 

今のマンションへ引越してきてからこの、5段パルプボードボックスが部屋を狭く感じさせているのです。

 

高さある故かなり圧迫感。それと配置の制限でベットの頭側に地震の時に倒れてきそうな雰囲気を先の熊本地震で痛感してなんとかしようと決意しました。

 

しかし5段すべてフル活用しているのでクロゼットへ移せるものは移したのですが

まだ多くのものがあります。

 

hikarureon.hatenablog.com

 

会社からの配布物、医者からの調剤表などが結構溜まって一段を占拠しています。

こちらをスキャナーで電子化しようと思い立ちました。

 

f:id:hikarureon:20160527112938j:plain

f:id:hikarureon:20160527112953j:plain

 

診断書などはこちらで保管していたのですが、すべての電子化は行っていません。

 

やはり視認性を優先すると、紙の方が早い場合もあるのですが、

iPad Proを購入しているので視認性に問題はないと判断。

今までMacで管理していたものをiPad

移行します。

hikarureon.hatenablog.com

 

アプリをまずiPadに入れます。

 

ScanSnap Connect Application(日本語版)

ScanSnap Connect Application(日本語版)

  • PFU LIMITED
  • ユーティリティ
  • 無料

 

アプリを立ち上げるとウィザードに沿って行うだけです。

 

f:id:hikarureon:20160527113010j:plain

 

Scan Snapを起動すると機器を探して自動で接続します。

 

f:id:hikarureon:20160527113047j:plain

 

今飲んでいる薬の調剤薬局からいただく紙たち。

100枚くらいあります。

今回は直近の20枚に絞りあとは廃棄。

 

f:id:hikarureon:20160527113138j:plain

 

現在飲んでいる薬は

 

トラゾドン

ジプレキサ

フルニトラゼパム

ネスタ

ニトラゼパム

ロラゼパム

トランコロン

 

1日合計で11錠そしてアレルギーの薬が朝昼晩と2種6錠の合計17錠です。

お薬手帳で管理もしてますが、備考欄などをよく見ておかなければなりません。

 

スキャナと接続すると読み込み画面になりますので右下のScanをタッチします。

おおよそ20枚を120秒くらいで読み取ります。

一枚一枚手差しなので読み取り一枚あたり5秒、差しこみ1秒とみなしています。

 

f:id:hikarureon:20160527113539j:plain

 

読み込まれた画像がこちら。

 

f:id:hikarureon:20160527113830j:plain

一部個人情報の部分をぼかしています。

本物はすっきりと紙と同等かそれ以上の閲覧性の高さです。

 iPad Proと相性がいいのか視認性がとてもいい。

 

まあ少しづつ毎日、紙を電子化していけばなんとか一段をなくすことが出来るので

5段パルプボードボックスとお別れできる日に向けて前に進みますね。

 

今まではMacを立ち上げて行っていたのでiPad Proで行うと全然素早くできることに

感動します。

www.itmedia.co.jp

ascii.jp

 

私はGoogl driveへ同期してバックアゥプをとっていますので出先ではiPhone6sでも

見れます。とっさの時に何の薬を飲んでいるかも医師に告げられます。

 

以外と必要そうで必要ない、

必要なさそうで、あると便利な

 

そんな家電のご紹介でした。