読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

突発性難聴ではじめたブログ

突発性難聴と耳鳴り 不眠時の日々を綴る

fitbit alta 購入レビュー簡易版 買い換える価値はあるか? 着信応答だけでも買い

テクノロジー

活動量計を、睡眠時間や運動量において目安として装着しようと

 最近考えている方が多いと思います。

 

この更新は最近調子の悪いiMacから少し距離を置いているので

iPad Proにて更新進めます。

 

なので簡易版としています。

 

5月の20日 昨日 フィトビットの新しい

活動量計が発売されました。

 

fitbit alta

 

家電量販店に入って発売当日の活動量計、見に行くつもりだけで

出かけた。

 

活動量計売り場には、多種多様な活動量計、どれも動かない

展示機が置いてありました。

 

その中で、本日発売の印もなく、altaはひっそりと黒とパープルの

2色が展示。

 

どちらもためらうことなくつける私。現在腕には、Xiaomiの活動量計

 

hikarureon.hatenablog.com

 

いや〜全然違う。

迷うけどパンフレットをもらい頭を冷やそうと、即買いを我慢してそのまま、マッサジチェア売り場で肩こりをゆっくりほぐしながら、パンフレットをもう一度見入る。

 

パープル。。。いい色だなあ・・・。

 

肩もみの気持ちよさにうとうとしながらも、心の開放感とアドレナリンが出始める。

自分で、「これは健康投資だ」「健康を買うんだ」心の中にメキメキ育つ購買意欲。

 

購入を決めました。

あとはサイズです。

長さが2種類。

私の腕は細い。しかし、盗難防止のコードが付いているので

きちんと負けません。

 

箱の裏に長さのサンプルが絵に描いてるのでそれに合わせてみますが、

やはりわかりにくい。

 

現在実際に購入してつけているのですが、私の手首は約16センチ。

ちょうどいい長さにすると穴が4個ほど残ります。

 

Lで巻いてみた感じでは閉めた時にバンドのあまりが長すぎて見た目が

よくありません。バンドは別売で変更できますが、買うときはしっかり

合わせた方が良いと思います。

 

 

いつぞや愛読しているaiさんの活動量計もモニター付き

 

aikinoko.hatenablog.com

 

あれと同じのが欲しい気持ちはその時から芽が出始めていたのです。

 

ブログで色々影響を受けてしまう、流されやすい性格。

 

fit bit altaの特徴は

 

アルタは、個人のスタイルに合わせてカスタマイズできるデザインと、運動を記録するフィットネスサポート機能を持つフィットネスリストバンドで。歩数や移動距離、消費カロリー、睡眠時間などを測定する機能を備えるほか、スマートフォンの着信などの通知を表示できます。

交換可能なバンド部分は、複数のカラーバリエーションと高級感のある素材を使用している。本体のトラッカーはステンレススチール製のリストバンドから外し、シーンに適したリストバンドに付け替えできる。

また、長時間のデスクワークにより代謝が悪化することを防ぐ新機能「ムーブアラート」を搭載。毎時250歩(約2~3分のウォーキング)という目標を通知し、運動を促してくれるうえ、長時間の会議中などは通知を行わないといった設定も行えるため、無理なく運動を行うことが可能です。

一週間の運動日数の目標設定ができ、運動した日数は毎日アプリに記録。設定した目標運動日数に対する達成度を確認できる。進捗状況は、必要な通知をディスプレイに随時表示することで視覚的にフィードバックを受けることができます。

ディスクは、OLEDタップディスプレイを採用。瞬時に、その日のアクティビティのデータと通知を確認できる。表示画面は、複数の表示デザインから選択可能。スマートフォンが近くにあれば、Bluetooth接続機能で通話、テキスト、カレンダーなどをメッセージとバイブレーションで通知する。1回の充電で、アクティビティと睡眠を最長5日間記録可能。

 

機能も申し分なし。

 

すでに睡眠時間を計っているけれども、時計表示とか便利そう。

 

色は4色

私は定番の黒を今回は選びません。

パープルです。

 

色の心理効果は

五感のなかで触覚と関係が深いのは紫色です。治療することを手当と書くように、手を触れる感覚には目に見えないヒーリング効果があります。神秘的な感覚は紫色と結びつきます。

想像力をかき立て感性を豊かにする。

緊張や不安を癒し穏やかな気分を与える。

性的なものを感じさせる。

催眠効果がある。

心と身体の回復を促す。

勘を鋭くする。

紫色のイメージ効果と意味

 

今の私にぴったりではないですか?

 

前回と違い少し箱も豪華。

約2万ですからね。

 

f:id:hikarureon:20160521144446j:plain

f:id:hikarureon:20160521144447j:plain

 

じゃ〜〜ん。中身がない。

充電中です。

 

f:id:hikarureon:20160521144811j:plain

 

腕をあげると時計表示。

これはアプリ側で変更可能。

ギミックは、さながらappleWatch

 

この画面でタップで歩数などへ移行可能。

また着信時は登録した、名前が出ます。

 

 

f:id:hikarureon:20160521144916j:plain

 

こんな感じ。つけてから3キロ歩いてます。

目標を到達するとブルッとします。

 

f:id:hikarureon:20160521145109j:plain

 

Androidアプリ。

かなり詳しく表示されます。

 

f:id:hikarureon:20160521145140p:plain

 

睡眠に関しては、睡眠深度ではなく、寝返り回数で表示されます。

 こちらは、睡眠深度の方が見やすいかも。

今後のアップデートに期待。

 

f:id:hikarureon:20160521145234j:plain

 

曜日別時間別にアラームで起こしてくれます。

振動は強力ではありませんが、充分目覚めには役立ちます。

 

着信も通常逃すことはないでしょう。

 

5メートルほど離れた位置でもきちんと反応します。

 

 

簡単なレビューですが、興味のある方は是非展示品を見にいきましょう。

 

活動量計としては、かなり細身で色も4色。

 

厚みは多少ありますが、バンドなども細身で汗をかいてもかゆみなど

私はでません。

 

特にファッション性を重視している方は見た目で気にいるとおもいます。

 

メーカもその辺を意識してスリムなフォルムを強調しています。

 

追記

 

表面の液晶面ですが、今の所傷もつきにくいようです。

 

 

使ってみて少しきになるのは、同期の時間がかかりますね。

約10秒ほど、まあ何かをしていればいいだけですけど。

 

通常は自動同期のはずですが、パッと見たいときの同期に際しての

時間です。