読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

突発性難聴ではじめたブログ

突発性難聴と耳鳴り 不眠時の日々を綴る

レシピ 美味しいご飯は、ひとりでも楽しい。いい加減でも良い

最近、心のブレを戻すのは、いつも夕飯の時です。

 

朝食は甘酒

 

hikarureon.hatenablog.com

 

コンビニ食も取り入れて時短の場合もあり

 

 

hikarureon.hatenablog.com

 

そしてちょっと、ひと手間をかけて自炊を取り入れてしばし心を洗う

 

 

hikarureon.hatenablog.com

 

単身生活に慣れているはずですが、やはり夕暮れの陽の落ちるときは、孤独を強く感じ揺れる心を紛らわす目的でキッチンに立ちます。

 

過去にたかぎなおこさんの『1人暮らしも何年目』を紹介しましたが

 

hikarureon.hatenablog.com

 

今日は、同作者 たかぎなおこさんの

『良い加減ご飯』を読んだのでその紹介。

 

私も男の手量と称して手抜き料理をしていますが、

 

『良い加減ご飯』

 

プロローグ

その日の食べたいものを急に思いつき、スーパーに駆け込む姿から始まります。作者にとっては食事に対して、いい加減なのが良い加減ということらしいのです。

 

1人暮らしの気ままな食生活をお品書きとして季節で展開。

 

春・夏・秋・冬にてその時々を簡単なレシピ的?といってもいいような感じでイラストとエッセイ風の漫画で構成してあり、1時間超で一気に読み込んでしまいました。

 

作者が上京した時のひとりごはんの寂しさが、だんだんと薄れつつありながらも季節の時々にユーモアと心温まる一コマ一コマの表現が、美味しさを後ろから支えていると感じます。

 

 

お花見に絡んだ食材、春野菜に絡んだレシピ、私も懐かしい、つくしが登場。

ご飯写真には、新宿御苑千鳥ヶ淵などがお酒とともに外で食べる楽しさを満喫しています。

 

夏 

 

夏バテの食材、その食材の活用法、そしてトマトだけで6ページも描かれている。

夏の定番ソーメンは、ぴったりくる表現でイラストが進む。気がつくと冷たいものだらけの食卓に思わず笑いが誘われる。

ご飯写真には蝉の鳴き声が・・・

使われなくなる家電の上位に入るティファールのミキサーの話など思わず『うんうん』と頷きながら見直してしまうほど、でもスムージーで大活躍。

冷奴には自宅でミョウガを作る凝りっぷりに真似てみたい!!と思わずにはいられません。

 

いい加減とはどんな加減でしょうか?

私も結構目分量ですが、考えされられる数ページです。

 

 

スポーツの秋ときました。

茹でた、とりを使ったレシピ、そのゆで鶏の色々な料理でのバリーエションが、ご飯写真でおいしく紹介。

 

風邪をひいた時、私と同じ性格か?と思えるほど笑いがこみ上げます。

 

まあビタミンCにこだわってる食事ですね。

 

色々なお店のモーニングセットの紹介や、朝カレーなど内容充実。

 

 

定番お鍋です。

家族で食べる鍋、1人で食べる鍋。それぞれの様を面白おかしく、見ていて物悲しくも面白い。

冷蔵庫のお掃除ご飯は、余った食材を巧みに使って色々な料理を作っています。

ごはん写真を見るとその調味料の多さにびっくり。よく揃えたなあという感じ。

 

ここはやはり長年1人暮らしの知恵か。

 

そしてカニ。カニだけでこんなにもページをさけるなんて素晴らしい。私も大のカニ好きですが、セイコカニを見ると思わずよだれが出ます。

 

最後はシチュー。みなんさんはシチューをご飯にかけますか?(笑)

 

そして1人暮らしなのに白菜丸ごと1個買っちゃう、作者。

でもそれを消化するレシピ。

 

簡単にぼかして表現していますが、なんとなく、ひとりで食べる食事を楽しみながらも生活する姿に思わず読んでいる料理や素材をすべて食べたくなってくるから不思議です。

 

ぜひ男の手料理として男性の方読んでみてほしいなあと思います。

 

抵抗なくスラスラ軽快に読み込めますよ〜

 

あ〜楽しい。

f:id:hikarureon:20160308155546j:plain