読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

突発性難聴ではじめたブログ

突発性難聴と耳鳴り 不眠時の日々を綴る

ハーブティーの効果へ希望をつなげる

今日は3週間ぶりの心療内科です。

f:id:hikarureon:20160107143711j:plain

 

道すがら鳥がいたのでパチリ。名前はわかりませんが3から4種類ほど

 

正月明けでの混雑か、いつもは月曜日受診が変則的に木曜日になったので患者が多いのかわかりませんがとても混雑していました。

 

約20人ほどです。こんなにも診療内科の門をくぐる人がいるのですね。

 

今までは予約制なので待合室は2〜3人。予約でこんなにいて時間かかるかな大丈夫かなと考えてましたが、今日は2人の医師が、いるようです。

 

待合室で色々な方を見ていると自分のおかれている状況は、考え方にもよ炉ますが、少しいい方なのかもと思えてきます。実際表情の暗い方が多いのは致し方ない病院なのか。

 

心の中を見ることは不可能ですが、医療の発展に期待。いずれにせよ歳を重ねることにおいて問題が顕在化することを想像すると今は目先の事に集中して改善をしなくては。

 

他の患者様もきっと私をそう見えていますね。

 

診療内容は、相変わらず15分ほどで経過を報告して終わりなのですが、耳鳴りの不調と

前向きに捉えられない自分をさらけ出して通院開始から半年が経とうとしています。

 

果たして薬の効果はどのようになっているのでしょうか?

 

穴を開けて見れればいいのですが、なかなか心の問題は表現も難しいし

医師からの『じゃあまた2週間後ね』にいつまで続くのか不安がよぎります。

 

睡眠環境を良くするための色々なknow-howを見てストレッチやリラックスできる環境を整えるためへの投資は行っていますが、根本的に解決への道標が見えない状況といえそうです。

 

パニックになることはありませんが、ジワジワと逆に心を痛めてるのかと思うこともしばしばあります。

 

気を紛らわせるということが、ブログを通じて出来るようになったこともあり

過去記事を振り返り、自分に言い聞かせたりもしますが、薬を絶つことはできません。

思えば10月18日からのブログです。

 

 

 

hikarureon.hatenablog.com

 

 

hikarureon.hatenablog.com

 

 

hikarureon.hatenablog.com

 

 

hikarureon.hatenablog.com

 

 

診療内科の先生はご自身でのストレスなどへ、どのように対応しているのでしょうか。

毎日毎日私のような患者に対してストレスが、たまらないのでしょうか?

 

医者本人が、自分で自分を診断することができるのかな。

しかし先生も人間ですからストレスはありますよね。。

 

 

処方箋をもらい薬局へ行くとここも大混雑で結果2時間以上かかりました。

完全予約ですがこれほど待ったのは初めてです。

 

昔は雑誌などが置いてあり時間つぶしをしましたが、今は置いてあるところは少ないようですね。

 

必然的に薬局ではスマフォを見てしまいます。

待合室の給湯器を見てほうじ茶をいただく。

 

そいえば久しぶりのほうじ茶。 

 

自宅では、カフェインが睡眠を妨げる要素があるとのことで、コーヒー断ちから一ヶ月

ほうじ茶もいいなあと考えながら、ふとハーブティーを検索しました。

 

ハーブティー効能ガイド~効果や注意事項等135種類ご紹介~

 

カモミールにはさまざまな薬効があると言われており、ヨーロッパでは「医者の薬」とも呼ばれています。

主な効果・効能は以下の通り。

・安眠、リラックス効果
・疲労回復
・風の初期症状を和らげる
・頭痛や月経痛を和らげる
・歯肉炎や口臭予防
PMS月経前症候群)や生理痛の緩和
・冷え症
・胃痛、胸やけ
・下痢
・アレルギー症状の緩和
・ニキビの改善
・美白効果
・肌の糖化を防ぐ

まさに、万能薬といっても過言ではありません。

 

駅近の成城石井で購入。今飲みながら記事を書いてます。

 

睡眠障害ともう少し付き合わなければならない、ああ不安。