読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

突発性難聴ではじめたブログ

突発性難聴と耳鳴り 不眠時の日々を綴る

心療内科とは?真実の行方

健康 身体

今日年内最後の心療内科

 

突発性難聴から発した一年を振り返ります。

 

2月11日に突発性難聴発病 

管理職から人事付きに

 

4月26日転勤 管理職へもどる

 

8月末から耳鳴りのストレスで不眠が悪化仕事に支障

 

9月20日降格

 

この時の診断書抑うつ障害

 

10月21日から休職

 

11月7日産業医面談

難聴からくるストレスによる抑うつ障害で相談

意欲はあるので復職希望

 

11月9日医師に復職の希望を伝える

 

11月23日医師による復職診断書会社に提出

ここで双極性障害となる復職診断書。

 

昨日心療内科で診断。

インターネット上の知識を語るも

医師となかなか噛み合わない。

 (復職診断書受取時には医師と診断なしであったため)

 

復職面談の傷病名について

意味がわからないので色々質問。

 

結論

 

抑うつ障害は双極性障害から来ているとの診断だと思う。

 

え?初めて聞きました。

 

 

双極性障害

双極性障害 - Wikipedia

これって意味がわからない。

 

躁の状態は一度もないのに・・・・

 

心の病気は、どう解決すればいいのか

 

何が本当の原因か?

自分では耳鳴りが解決すればストレスも減る

耳鳴りは西洋医学では治療が難しそうだから

 

眠る力を借りて治療

 

耳鳴りからくる睡眠不足からくる業務への支障を考え

相互のために休息が最良と思い。

 

自分としても、仕事のストレスを減らすために休職を選ぶ

 

いつの間にか双極性障害の診断名

 

 

う〜ん わからない。

 

これってアマゾンビデオで見た『真実の行方』状態かも。

どれが本当の自分?

 

いやビデオの影響を受けてたので入れたのですが

 

状態と心の一致点が微妙にズレていることの修正ができない。

 

耳鳴りは、苦しくとも仕事に戻ることが最良だと感じる。

 

いや自分がおかしいのかも・・・

 

今年は激動の一年です。