読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

突発性難聴ではじめたブログ

突発性難聴と耳鳴り 不眠時の日々を綴る

睡眠障害と心療内科

復職について診断書をもらいました。

 

診断名は『双極性感情障害』

双極性障害 - Wikipedia

双極性障害抑うつと躁の間の移り変わりによって特徴づけられる病である。

どうもしっくりこない。

 

最初の段階で早退等を繰り返していた時、事情を説明するのに診断書提出して

おこうと考え頂いたのは『抑うつ障害』。3カ月の治療を要す。

抑うつ - Wikipedia

 

この診断書を元に会社と相談、ある責任者だったので引き継ぎとか含めて

10月頃から完全に有休消化、そして10月21日から欠勤傷病休暇と相成ります。

 

確かに耳鳴りからくる悲壮感、不安感。空虚感・焦燥感などは、感じている。

 

初めて心療内科の扉をくぐったのは6月、インターネットで調べて何件か電話して

一番早く見てもらえるところを選びました。

 

遅いところは2ヶ月待ちとかだった。

 

耳鳴りの症状や不眠を訴え、治療開始となるわけですが、

 

最低1年くらいはかかりますねと

耳鳴りについては専門外なので耳鼻科で診てもらってください。

不安感、および睡眠改善を中心に治療を進めていきます。

先生のお言葉

 

そこからら今に至るわけですが、この双極性障害は調べてみると、今の症状に

どうも当てはまらない様な気がする。

 

先生に伺うと

一番 当てはまるあなたの、疑われる病名ですよと言われました

この表現も曖昧といえば曖昧

 

 

matome.naver.jp

 

約半年になるが、先生との信頼関係ができているのかどうかの判断に困ります。

予約は毎週決まった時間にとり、約15分くらいで一週間の報告をして終わり。

 

これが内科的病気なら、熱や症状で大体、今までは薬で改善してきた。

 

毎日睡眠時間を書いているが、最近はこれでも寝れている方だと自分に言い聞かせ

もっと寝れてない人もいるんだと前向きに捉えているものの

『薬を飲んでいる』状態は変わらない。

 

君は『双極性障害』の『抑うつ状態』なのだと言われればそうなのかと思うしかない。

 

でも多くの薬を毎日飲んで本当に治癒できるのかはわからない。

 

とにかく内面的なコントロールと身体を動かすこと、これが一番なのでしょう。

 

この辺はインターネット上にある情報で大体カバー。

 

なんとなくここで書くことでもないのかもしれないが、自分の状態を客観的に

判断する材料が欲しい、シンプルに耳鳴りと睡眠改善がリンクしていると

考えているのだけど切り離されているからわけわからなくて。

 

耳鳴り自体がストレスからという説もあるし

 

考えすぎなのか、それが症状だよというのか

 

ああ

病院変えたほうがいい位のかな・・・

 

ストレスチェックなど導入されてもそこから先のいざ受診レベルで

医師によって判断は違うのか?

 

心の問題は難しいですね。