読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

突発性難聴ではじめたブログ

突発性難聴と耳鳴り 不眠時の日々を綴る

不安神経症と乾皮症 メンタルヘルスの改善への足がかり

昨日の睡眠時間は6時間。

だいぶ安定してきました。

 

今日は、森田療法というメンタルヘルス電子書籍を読んでいました。

その中で不安神経症の場合という記述があり、ブログに記録しておこうと。

 

たまたま昨日、DTVでニコラスケイジの『マッチスティック・メン』という

映画をみました。(早くApple TVに対応して欲しい)

 

昨日買ったばかりのiPad Proは、ケースが届くまで触らないようにしてます。

なぜなら傷つけたくないからです。これも結構神経質かなと思うのですが先の映画

Movie Walker 引用 

詐欺師のロイ(ニコラス・ケイジ)は相棒フランク(サム・ロックウェル)と共に順調に仕事をこなしていたが、一方で病的な潔癖症という問題を抱えていた。ロイはフランクの勧めで、精神分析医のクライン(ブルース・アルトマン)に助けを求める。その過程で、ロイは別れた前妻との間に生まれた娘がいるかもしれないと思い始める。そしてその娘だという14歳のアンジェラ(アリソン・ローマン)と会い、彼女は彼の生活に侵入し始める。最初はとまどうロイだったが、徐々に心が解放され、苦悩の影が消え始めた。やがてアンジェラはロイの仕事に興味を示し、ロイは父親としての自覚に困惑しながらも詐欺の方法を教示する。折しもロイとフランクは、金持ちのチャック・フレシェット(ブルース・マッギル)を相手に、大金をせしめる大計画を始動させていた。そこにアンジェラが半ば強引に参加することになるが、彼女の詰めが甘く、計画は失敗に終わった。しかし、すべてはフランクがロイに仕掛けた罠だったのだ。一年後、足を洗ったロイが店員として勤める店に、お客の青年の恋人としてアンジェラが訪れ、二人は偶然の再会を複雑な気持ちで噛みしめるのだった。 

 ここまでは、ひどくないんですが私は時間に結構こだわってます。

 

休職前の管理職の時も、残業する部下へ、三六協定を超えないように

強く指導してました。

 

家の中の時計の数は7個、ワンルームマンションなのに

  1. 壁掛け時計
  2. テレビの前に
  3. ベットサイドに2個
  4. トイレ
  5. キッチン
  6. お風呂に無印の防水時計(温度も計測できる浮かせるタイプ)

うちに来る友人は、異常な時計の数に仕事でのこだわりも頷けると苦笑します。

待ち合わせの遅刻はもとより仕事も無遅刻です。(相手は責めません)

 

これってもしかしたら心身の状態にこだわり脅迫的にそれに漆着すること?

 

冒頭の睡眠時間も不眠神経症、つまり何時間寝たかにこだわりすぎている?

 

 

などなど見当たる節が見事に当てはまります。

 

書評をするつもりはないので、これはこれで興味がある人は読んでみてください。

 

数ある時計の中でテレビ前とベットサイドの時計には、湿度と温度計付き。

f:id:hikarureon:20151129161723j:plain湿度27%は、かなり乾燥してます。

湿度計などあまり気にしない人も多いかと思いますが、私は

2年前まですごい乾皮症でしたので湿度には敏感です。

乾皮症 - Wikipedia

 

カカトからスネにかけて・お腹周り・肩が、痒くて痒くていつも冬になるとカサカサ

カユカユ状態で薬局でかゆみ止めを買いまわったものです。

 

部屋の中は乾燥し剥がれた皮膚で埃だらけです。

 

それが石鹸を変え2ヶ月ほどしてから、まるきり気にならなくなったのです。

 

その石鹸は、アレッポの石鹸と言われてます。

 

ハンズ祭りでの安売りや、ロフトなどにも置いてますが、無くなると

アマゾンで購入してます。

原材料はオリーブオイルとローレルオイルらしいのですが、これを使い

湯船には、重曹を入れて長年、冬になると苦しんでいたかゆみが治まりました。

でも湿度計を未だに気にしてる。

 

時間も湿度も定量的な指標は、無駄なこだわりを生み出す恐れもあります。

良い意味での指標となれば幸い。

 

外皮のように対症療法で治るものと睡眠不足のように意識に働きかけることの

違いを認識した今日です。

 

 

アレッポの石鹸 200g

アレッポの石鹸 200g

 

 あくまでも私の経験です。

お肌に合わない方もいると思いますのでご注意を。

 

パックス重曹F 2kg

パックス重曹F 2kg