読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

突発性難聴ではじめたブログ

突発性難聴と耳鳴り 不眠時の日々を綴る

知識をもらい学んでも行動に置き換える難しさ 産業医さん

産業医とは

 職場において労働者の健康管理等を効果的に行うためには、医学的に関する専門的な知識が不可欠なことから、常時50人以上の労働者を使用する事業所におていは、事業者は産業医を選任し、労働者の健康管理等を行わなければならない。

産業医を選任することで

 ・労働者の健康管理に役立ちます

 ・衛生教育などを通じ健康意識が向上します

 ・職場における作業管理などについて助言が受けられます

 

これ厚生労働省産業医の役割です。

昨日、人事を交えて面談が行われました。

主な質問事項は

⑴ 休職に至る経緯

⑵ 休職中の睡眠状態

⑶ ⑴に対する現状の回復状況と症状

⑷ 復職に対する意思と意欲

⑸ 上記を踏まえた今後の人事との復職プログラムへ向けての準備の指示

です。

 

約1時間程度。先生はお話し好きで医学的見地からの助言をいただきました。

主に

・まず難聴に対する今の状況について程度と職務上会社で配慮すべき事項

 ⇧これは人事に対して

・復職へ向けて主治医と相談し、同意書をもらうこと

睡眠導入剤と鬱の因果関係、鬱の傾向はそれほどない。睡眠改善に努めること

 

要点はこの3点になります。

 

 

 

www.lifehacker.jp これって引用していいんですよね?いけなかったらゴ

メンなさい。

この14番目休暇を取りましょうとありますが、簡単には

戻れなくなります・・・産業医・主治医・人事

 

確かに人生を見つめ直すことで、貴重な時間を頂いたと思います。

そして再び復職で大丈夫じゃない?ということについては安心しました。

 

でも健康管理の定義がわかりません。。

先ほどの厚生省引用では

産業医選任で健康で活力ある職場づくりに役立ちます。

とありますが視点はどこにあるのでしょう。会社側から見た?厚生省から見た?

 

私の視点はどこ?(多分解釈の違いで斜め目線かもしれませんが)

 

あくまで自分の前向きな行動とそれを支える思考や知識と意思なのでしょう。それはそれは色々わかってます。でもできない自分に苦しんでるですよね〜

・・・そんなこと人事の前では言えませんでしたけど。

 

 

次回は

・どのように健康を保ちながら、または向上させるため過ごせば良いのか

・働くにあたり会社側との業務上の折衷案はどのようにするのか

・再び睡眠障害に陥らないための生活習慣をどのように過ごせば良いのか

 

この辺りが今の所課題として再び面談が行われることになり終了。

 

事前にネット産業医面談で調べておきましたが、終始なごやかな雰囲気でそれはとても安心しました。もしまだダメなんて言われたらどうしようかと不安でしたが一安心です。

 

でもかなり疲れたのか

 

昨日の睡眠時間は5時間とやや少なめ、超寝つきが悪かった。

久々に会社へ出社したからか?面談で疲れたか?

 

結論

兎にも角にも自分を変えるのは難しい。。